山形市の宮町整骨院なら医療関係者にも支持される安心と実績のある整体が受けられます。

山形市の整体 宮町整骨院
山形市の整体なら痛みが根本改善すると評判の宮町整骨院へ お問い合わせはこちら

ランニング中に膝の外側が痛くなるのはなぜ??

2016/05/07 カテゴリー:ブログ

~ランニング時の膝の外側の痛みが軽くなりました。原因は足首と背骨だったとは驚きです~

ランニングをしていて、膝の痛みを抱えたまま無理してませんか?

走っているときは大丈夫でも、終わった後少し痛むときはありませんか?

近年、ランニングブームにより、膝の痛みを抱えてくる人が多数いらっしゃいます。

特に膝の外側の痛みは「ランナー膝」といわれ、なかなか治りにくい疾患の一つです。

今回は、ランナー膝で来院された、Sさんにお話をお聞きしました。

Sさん

「靴が合わなくなったのか、走りすぎているのか原因がわからなかったのですが、3ヶ月前くらいから走っているときに膝の外側が痛むようになりました。最初 のころは走った後だけ痛みがあり、ほっておいたのですが、最近は走っていても痛むようになったので、来院しました。」

渡辺院長

「俗にいうランナー膝(腸脛靭帯炎)です。原因はさまざまですが、一般的には走りすぎの人に多く見られます。」

Sさん

「健康の為に始めたランニングなんですが、逆に痛めてしまいました。」

渡辺院長

「運動がいいといわれておりますが、正しいフォームとケアをしないとこのような障害で苦しむ人がいます。Sさんの場合、走りすぎというよりは別のところをかばってでた症状といえます。」

Sさん

「確かにストレッチはしてませんでした。ケア不足もありますね。他の原因はどんなところにあったんですか?」

Sさんが膝を痛めてしまった原因とは??

渡辺院長

「ずばり、背骨と足首です。まず、Sさんの足首・とくに「ヒ骨」といわれる、スネより外側にある骨と、立方骨といわれる足の裏にある骨の動きが悪くなって いました。ここは足をついたときのバランスセンサーともいえる場所なので、とても大事です。センサーが壊れていた状態で走っていたために痛めやすくなって いたんですね。加えて、背骨の動きが悪くなっていたため体全体の循環が悪くなり、回復力も落ちていたんです。」

Sさん

「調整を何回か続けていくうちに痛みがどんどんなくなっていくのがわかりました。いまではほとんど痛みなく走れますし、走り終わった後も痛みは出ません。バランスをそろえた状態で運動をするのが大事だとわかりましたので、今後も宜しくお願い致します。」

渡辺院長

「痛みがないとみなさん治療しませんが、実は痛める前の予防をすることが一番効果的なんです。運動だけでも100%健康になれないんですね。これからも頑張りましょう!」

今回のポイント

①運動だけしていると怪我のリスクがあがるので、調整・ケアも必要

②痛める前の治療を!

③バランスをそろえた状態で運動するのが一番効果的!

メールでお問い合わせ
患者様の声 山形市の整体なら痛みが根本改善すると評判の宮町整骨院へブログ 山形市の整体なら痛みが根本改善すると評判の宮町整骨院へyoutubeチャンネル

宮町整骨院の口コミをもっと見る

※施術効果には個人差があります。

お友達追加で限定特典!

特典1
初回限定特別体験会
特典2
情報誌「本当の健康を得るために必要な21の心得」プレゼント
特典3
24時間LINE予約
友だち追加
山形市の整体なら痛みが根本改善すると評判の宮町整骨院へへお問い合わせ
#
# 山形市の整体 宮町整骨院

〒990-0057
山形県山形市宮町5-3-17

お問い合わせ 023-600-3893

お問い合わせはお気軽に。車(駐車場店舗前4台)「山形駅から車で10分」 「北山形駅から徒歩10分」 「バス停六日町から徒歩5分→1番本数が有り便利です。  五中口から徒歩3分」

© 山形市の整体 宮町整骨院 All Rights Reserved.