筋トレが逆効果になることもありますよ!

筋トレした後いつも腰痛が出てしまう・・・

ランニングも速いスピードで走った後、股関節に負担が・・・

トレーニングをしていても効果が感じられない・・・

このような症状を抱えて悩んでいませんか??

上記の症状でお悩みのTさんにお話をお伺いしました。

患者 Tさん

もともと、運動するのが好きでジムで走ったり筋トレをしたりしていました。

仕事はデスクワークが中心で、運動不足を実感していたからです。

運動を始めてから、腰痛が気になったり、たくさん走ると股関節に違和感が出るようになりました。

運動の強度が強すぎるのか、ただ単に運動不足なのか分からず。

運動すると逆につらくなるので、最近ではおっくうになっています。

渡辺先生

そうですね。

運動=体に良い というイメージがありますが、すべての人に当てはまるだけではないです。

Tさんは仕事中の姿勢どうですか?猫背になっていたり、足を組んでいたりしていませんか?

患者 Tさん

おっしゃる通り、わるい姿勢になっていますね。

気付いたときは、いい姿勢をとろうとしますが、なかなかできません。

渡辺先生

イメージしてほしいんですけど、その悪い姿勢のまま運動したら、どこかに負担かかるのはわかると思うんです。

ただ、運動している時は自分で悪い姿勢と気付かないまま、運動します。

猫背のまま、スクワットをしたら腰を痛めますし、左右のバランスが崩れた状態で走っていたら、どちらかに必ず負担はかかるはずなんです。

Tさんの場合は、運動する前に、正しい姿勢をとれるようになること。これが大事です。

普段からより良い姿勢を心がけることで、運動の効率も上がります。

姿勢を変えたうえで、運動のフォームや強度を考えていきましょう!

患者 Tさん

なるほど。

まずは普段の姿勢からですね。心がけてみます!

今日のポイント

①運動がすべての人に有効とは限らない

②正しい姿勢で運動しないと逆効果になることも

③普段の正しい姿勢を心がける

気になる人は、電話かメールにてお気軽にご相談下さい。

%e5%ae%ae%e7%94%ba%e3%80%80%e3%81%94%e4%ba%88%e7%b4%84%e5%85%88

LINEのお友達追加はこちら

023-600-3893
メールフォームでのご予約・ご相談はこちら
詳しいアクセスはこちら
PAGE TOP

LINE予約で新規限定割引!