暑い時期に食べるべき食事

蒸し暑く、じめじめとした気候がつづきますね。

熱いからといって冷たい飲み物や食事ばかりとっていると、胃腸が冷え、内臓の機能も低下し、さらに免疫や代謝も低下につながります。これでは身体にどんどん負担がかかり、不調をまねきます。

昔から梅雨の時期には旬の野菜を食べるとよいとされてきました。

体にこもった熱を取り除くには、いまが旬の夏野菜が最適!

旬の野菜にはオクラ、キュウリ、トマト、モロヘイヤ、ゴーヤ、セロリ,ナスなどたくさんあります。

山形県民に愛される郷土料理、『ダシ』にはまさに旬の夏野菜がたくさん入っていて、暑さに負けない体つくりには最適な一品ですね。

夏野菜と組み合わせると栄養の吸収率アップする、最強の組み合わせをご紹介します。

モロヘイヤ×しょうが 

ビタミン、鉄、カルシウムなどバランスよく含まれているモロヘイヤと冷房による冷えを助け、自律神経を整えてくれるしょうがは最強コンビ!

トマト×魚介類 

熱を冷ましてくれるトマトと、血行促進や神経細胞を修復してくれる油を含む青魚やミネラルを多く含む貝類を合わせてとるのがおすすめ!

オクラ×納豆 

オクラのネバネバ成分は、納豆のたんぱく質の吸収を促進してくれます。

この蒸し暑いこの時期を乗り越えるためにも積極的にとりいれていきましょう。

LINEのお友達追加はこちら

023-600-3893
メールフォームでのご予約・ご相談はこちら
詳しいアクセスはこちら
PAGE TOP

LINE予約で新規限定割引!