四十肩・五十肩でお悩みなら…

四十肩や五十肩で苦しんでいませんか?

いきなり四十肩や五十肩になった…

薬や注射してるけどなかなか変化がでない…

再発したくないor予防したい!!

四十肩や五十肩は、本当に辛いですよね。

たくさんの症例をみていますが、難しいケースの一つです。

まず除外するべきもの!

まず、除外しないといけないのは、

内科疾患からくる肩痛。

一番怖いのは、心臓や肝臓ですかね。

心臓は左肩、肝臓は右肩に関連することが多いです。

横隔膜の炎症からも右肩につながることもあるので、

正直、素人ではどこがどうつながるかなんて予想つけられません。。。

冷や汗がでる、夜目が覚めるくらい辛い、などの症状が出るのであれば、

一度病院にいくことをオススメします。

そもそもの原因は??

私がみてきたケースですと、

圧倒的に

「慢性的な肩こり」

抱えてきたこと。

四十肩や五十肩の人に聞くと、

99%以上、

何年も肩こりを抱えてきていたんです!!

肩こりが長期間に渡ると、

慢性的な血流不足に陥ります。

すると、肩を支える筋肉や靭帯も弱体化していくので、

四十肩や五十肩のリスクが格段に上がるわけです。

対処法は?

当院では、

提肘(ていちゅう)

オススメします。

簡単にイメージすると、三角巾を肘を吊っている状態ですね。

これを、自分の肘を逆側に肘で支えて、軽く上に持ち上げてあげます。

その状態で、常に過ごしてもらうように指導してます。

肘が下がると、その分、肩へ負担が増すので、

常に体から離さないでいることで、快方へ向かう準備ができます。

あとは、四十肩と五十肩用の施術を定期的に行っていくスタイルです。

あ、絶対冷やさないように。これは注意です。

ホッカイロなどを使って積極的に肩を温めてあげてくださいね。

予防策として

まずは、肩こりをなくすこと。

それが、四十肩や五十肩にならない大きなポイントです。

そして、慢性的な肩こりは、

姿勢が原因となっていることがほとんどです。

マッサージじゃ姿勢は変わらない!

「疲れたときだけマッサージ」

「辛いときだけ整体や薬や湿布」

これでは、姿勢は変わりません。

その場は、一時的に楽になるかもしれませんが、

またすぐつらくなりますよね。

継続的な姿勢専門の施術が、

肩こりの根っこをとるためには必要なのです!

まとめ

四十肩や五十肩になってしまったら、提肘と温めと施術。

原因となる肩こりは姿勢からくるケースが多いから、

きちんと継続的な姿勢矯正をうけることが、予防になります!


渡辺先生
肩がつらいと、日常生活すっごくつらくなりますよね。
Eさん
肩こりをなくして、予防していきたいです!

LINEのお友達追加はこちら

023-600-3893
メールフォームでのご予約・ご相談はこちら
詳しいアクセスはこちら
PAGE TOP

LINE予約で新規限定割引!