接骨院と整体院のどちらがいいですか?

女性
接骨院と整体院のどちらがいいですか?
渡辺先生
接骨院も整骨院も整体院も経験した我々から詳しく説明させてもらいますね。

接骨院とは?

まず接骨院を開院するには、柔道整復師という国家資格が必要です。

専門学校に3年間通い、国家試験をクリアしないといけません。必要最小限の体の知識はここできちんと勉強しているので、少し安心感はありますね。

業務内容は、健康保険を利用して、怪我の応急処置を行うのがメインです。打撲や捻挫で通院する人が多いです。昔は脱臼や骨折の方も多かったようですが、今では圧倒的に打撲や捻挫が多いです。

電気療法やもみほぐし、ホットパックなどで温める治療を行います。スポーツ外傷なども対応できるので、部活で怪我した学生なども通院します。

健康保険が適応になるので、経済的には優しいというメリットがあります。ただ、怪我をした部分だけの治療になるので、痛いところ以外が原因の場合はなかなかよくならないというデメリットがあります。例えば腰痛の原因が足首だったりするケースなど。そもそも慢性痛には健康保険が適応になりませんので、そのあたりも要注意です。

 

整骨院とは?

実は、接骨院と違うところは名前だけで、業務内容等はまったく一緒です。ですので、柔道整復師の国家資格をもった先生が健康保険を使った施術をしてくれます。名前だけ違うんだくらいの認識でOKです。

 

整体院とは?

整体院は誰でも開院できます。国家資格等もなしで大丈夫です。ただし、健康保険は利用できないです。自費診療となるので、金銭的には接骨院や整骨院と比べると割高感はでてきます。

また、資格がいらないので、1〜2ヶ月研修を受けただけで、人の体を触る先生もいます。ひどいところだと3日間の研修が終わったら、すぐ現場で実践といったケースもたまに聞きます。フランチャイズの整体院はこういったケースが多いです。自分の体を預けるには少し怖い気がしますね。

ただし、とても技術の高い先生もいらっしゃいます。柔道整復師の国家資格はあるけど、健康保険でできることは限界があるから、高いレベルの施術を提供したいという思いで、整体院をやっている先生もいます。そういった先生は、特に慢性痛などが得意だったりするので、慢性痛でお悩みの人はおすすめですね。マッサージをするだけで整体院といっているところもありますし、美容エステや健康食品などを併せて販売するところもありますから、本当にいいところを見極めないといけません。

 

接骨院と整体院のどちらがいいですか?

タイトルの質問の結論ですが、お悩みの症状によって変わるというのが答えになります。

スポーツ系の怪我や転んだ・ぶつけた・捻ったなどの急性外傷・または交通事故や労災などであれば接骨院や整骨院。

慢性症状(首こりや肩こりや慢性腰痛やしびれ)であれば、整体院。ただし、整体院はピンキリなのでできれば国家資格をもった施術者が施術してくれる整体院がおすすめです。

以上、参考になれば幸いです。

 

https://youtu.be/H5n-1VHIBXE


ちなみに、当院は整体院ですが施術者は2人とも国家資格保有者です。尚且つ、急性外傷にも対応してます。何かあればお気軽にご相談ください。

山形市の宮町整体院 院長

渡辺知樹

 

LINEのお友達追加はこちら

023-600-3893
   
LINE予約はこちら
詳しいアクセスはこちら
PAGE TOP

LINE予約で新規限定割引!

LINE予約で新規限定割引!